ギターアンプの選び方

ギターよりもアンプの方が結構長く使います。
安いギターなんかはいい物に買い換えたら弾かなくなったりしますが、 いいギターアンプは小さくても良い物買ってればずっと使うんですよね。
おすすめの選び方を説明するので参考知識として下さい。

ギターアンプのメーカー

ほとんどの場合、ギターアンプを作っているメーカーで大まかに音が分かれます。
有名なのはマーシャル、フェンダー(もしくはフェンダージャパン)、メサブーギーなどです。

・マーシャル
図太い歪みが得られるため、ハードロックやパンクなどで使われることが多い。
一般的にはレスポールとの相性が良い為、ギブソンレスポール+マーシャルアンプは世界的にも定番になっている。

・フェンダー
テレキャスターやストラトキャスターを販売するギターメーカーなので、 それとの相性がすごくいい。
ストラトやテレキャスはどんな曲でも合うが、主にクリアなサウンドやノイジーな歪み、 またはカッティングなどに重点を置く場合はストラト+フェンダーアンプが定番となっている。

というような一般的な話もあるけど、 ぶっちゃけると好みなんだよね。
ほんとに好きで使ってるならいいけど、 自分はポップス弾きたいのにレスポール+マーシャル薦められるままに買って、 曲はカッティングばっかりとかだったらホント残念な事になるよ。
定番だからそれが好みにハマルかと言ってもそうでもないし、 個人的にはレスポール+フェンダーとか、ストラト+マーシャルあたりの音好きなんだよね。
まぁ歪み重視ならマーシャルでいいし、クリア重視ならフェンダーで失敗はないけど、 売ってるとこで聞き比べるのが一番いいです。
ただ、店員さんに「試奏しますか?」なんて聞かれても初めて買い揃える場合自分は弾けないので、 正直に「自分弾けないので店員さん弾いて下さい」って言えばいいよ。
それぞれのパターンでいい音に調整して聞かせてくれるから、 特長とか良く分かると思います。
どのバンドのどんな音が好きかってのも伝えるといいかもね。
上であげた以外にもギターアンプ作ってるメーカーはたくさんあるけど、 名前の通ったとこなら失敗はないんじゃないかな。
とは言ってもやっぱり一度聴いてみるのをおすすめするよ。

ギターアンプの出力

ギターアンプは出力(音の大きさ)でサイズや値段が違います。
目安は

・5〜20W
自宅など比較的狭い場所での練習用
・30〜50W
自宅練習からライブハウスや小ホール程度
・100W
大ホールなど

大体一般的にはこんな認識だと思います。 で、中間に当たる30〜50Wを買う人も多いんだけど、 30はともかく、50Wくらいになると正直家での練習には向いてません。

ギターアンプに限った話じゃないけど、音を出す機材はある程度ボリュームを上げないと本来の良い音にならないので、 特に大きなアンプでちょっとしかボリュームを上げないと音がペンペンになるよ。
50Wクラスになると、ホント数ミリボリューム上げただけで大音量になるから、 自宅練習用にはあまり向いてません。
30Wクラスならエフェクターで音量控えめにしてそこそこボリューム上げれるくらい。
普通の6畳間とかなら20Wクラスが一番合ってるんじゃないかな。
まぁそれもでかい音出すの前提の話で、 テレビ見る程度の音で練習するつもりなら5Wでも十分。
で、ある程度ボリューム上げたいい音で弾きたいから、 どんなに上手くなっても5〜20Wのアンプが使い勝手がいいから、自宅で弾く場合にはそのへんがおすすめかな。

自分達でライブ主催するようになるとでかいアンプも必要になるけど、 その時はその時で買い足す方が絶対にいいよ。
もちろん30〜50Wクラスなら小さなライブハウスなら十分使えるけど、 やっぱり2台持つ方が個人的にはいいかな。
ちなみにだけど、オーディオなんかのボリュームって回せば回すほど音はだんだん大きくなるけど、 ギターアンプの場合、3分の1ほど回して出る音量と、一杯まで回して出る音量は極端に違わないんだよね。
30Wくらいだと3分の1回したら十分でかい音出るから、一杯まで回したらライブでも使えるかと思いきや、 実際にはそこまで大きな音にはならなかったりする。
PA入れるならそれでもいいけど、ホールでもない限り普通はドラムの音量に合わせて生音勝負だから、 小さなライブハウスでも50Wくらいは欲しくなるね。いやでも曲にもよるか・・・。

なんにしても自宅練習で50Wを超えるアンプは普通は必要ないって事だけ覚えておけばいいかな。


ギターアンプの大きさ

ギターアンプはほとんどの場合木で作られてて、 そこらの木箱や椅子なんかよりもすごく丈夫です。
別に特別丈夫に作るのが目的なんじゃなくて、 アンプの箱が音に影響するから、スカスカの木じゃなくて良質な木が使われてるから丈夫なんだよね。
で、そういった箱鳴りを良くするために普通は出力が大きくなればなるほどサイズも大きくなってる。
ただこれもバランスで、無駄に大きけりゃいいってもんじゃないし、 もちろん小さすぎても箱鳴りが悪くなってしまう。
だからアンプメーカーは色々工夫してるんだと思う。

そういう事をシカトしてるのかどうか知らないけど、 たまにサイズは小さいのに出力は大きいアンプとかもあるんだよね。
それで安かったらお得感もあるんだけど、 結局のところ、サイズだけで出力は分からないって事。
他にも普通は型番に書かれる数字は大体出力なんだけど、 こっちも数字は単に型番で出力とは関係ないアンプ見たことある。
だから買う時は見た目とか型番だけで判断せずに、 出力は確認する方がいいよ。



でも結局室内でしか弾かないのに20W以上のギターアンプ使ってる人結構いるんだよね。
そのクラスでも(でかい音出せば)安くていいのがあるからって事と、 室内は小さい方が向いてるってのを知らずに買ってしまった場合とかだね。
それでペンペンな音しか出せなくて不満があるならギターアンプの改造に色々書いておいたから参考にしてみてよ。

もし電子工作するならLM386N自作ギターアンプのページで回路とか書いてるから参考にしてよ。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう