ギターのチューニングが狂いにくいということで人気のロック式ペグだけど、 意外に間違った巻き方をしてる人もいるから、構造や使い方を書いておくよ。
フェンダーやギブソンとか、一部のギターは最初からロック式ペグの場合もあるから最初に知っておく方がいいね。
交換しようと思ってるならペグの交換方法を参考に。

ロック式ペグの構造と仕組み

オートロック式ペグの構造 ギターのロック式ペグとは、ワイヤーロックに使われる方法と同じで、一言で言えばネジを押し付けてロックする感じ。
いくつか種類もあるんだけど、まずキャップ付きの場合。
ペグのポストにキャップが付いてる構造で、 ペグを締めるとキャップが沈んで、間の弦を挟んで固定するわけだね。

ダイヤルロック式ペグの構造 もうひとつはペグとロックが別のパターン。
ペグの下に付いてるダイヤルを回すとポストの中に通ってる鉄芯が上がって、弦を押し付けてロックする構造。
どちらにしても巻く方法と比べると抜けそうな気もするけど、 実際ギターに張ってる弦1本あたりはそれほど強くテンションがかかってるわけじゃないから、 これくらいでも十分ロックできてしまう。


ロック式ペグの巻き方

実際の巻き方なんだけど、基本は弦をギターのヘッド方向に引っ張りながらペグを巻く。
ロック式じゃないペグの時みたいに弦を持ち上げて巻く分のたるみを持たす必要は無く、 真っ直ぐペグに通してさらに引っ張りながらキャップ付きならペグを、ダイヤル式ならダイヤルを締めていく。
しばらく締めると、弦が挟まれて固定されるから、 一度締めるのを止めて、張った弦を引っ張って伸ばす。
これはロック式じゃないペグの巻き方でもやる事だよね。
で、ペグやダイヤルを少し緩めて伸びた分を少し引っ張ってもう一度巻いて固定する。
あとはチューナーなりでチューニングしながらペグを巻くんだけど、 最終的にポストにできる限り少なく巻く方が良くて、 ロック式じゃないペグみたいに3〜5周巻いてしまうと、 何のためにロック式ペグ使ってるか分からなくなってしまうよね。
理想は全く巻かない事なんだけどそれだとチューニング合わせられないし、 とにかくチューニングに必要な分だけ巻く感じかな。
もしロックが甘いなら半周から1周弱まで巻く方がいいかもね。


ロック式ペグの利点

すでに書いてるけど、ロック式ペグはチューニングが狂いにくいって言われてるよね。
ロック式じゃないペグは何周か巻くわけで、巻いた分の弦だって伸びたりするし、 全く隙間無く巻けるわけじゃないから、その分がどうしても弾いてるうちに変わってしまう。
ロック式ペグはそういう巻き部分を排除する事で狂いにくくしてるんだね。
アームが付いてるギターにロックナットが付いてるのと同じように、 ロック式ペグはアームプレイの多いギタープレイヤーには特におすすめだね。


もうひとつの利点は弦の交換が楽だということ。
ロック式じゃないペグだと巻きながら上に巻いて下に巻いて、何回も何回も気をつけながら巻いて、 って言う感じでするんだけど結構面倒だよね。
ロック式ペグだとそういう気を使う部分って全然無い上に巻く回数もしれてるから、 ロック式じゃないペグと比べると圧倒的に楽だね。
特にギターの弦全部交換する時なんかはホント、すごく楽。


【 Der Jung 】 ロッキングペグ フルメタル グローバータイプボタン 両連 クローム DJ334C-D4
Amazon.co.jpで詳細を見る

この弦の交換が楽だと言うのは「副産物」みたいに言う人もいるけどさ、 どう考えてもこっちの方がメリットあるよ!
ロック式ペグにしたって弾いてりゃ弦伸びるしチューニングは何回もする事になる。
ロック式じゃないペグと比べたらマシかもしれないけど、そんな事よりも圧倒的に弦交換が楽という事にメリットがあると思うよ。
今後ずっとギター弾くなら早めに交換しておく方が得だよね。
まぁギター弾くだけのプロならどっちでもいいんだろうけど、弦の交換をさせられるローディーは絶対にロック式ペグ派だろうね!

ロック式ペグの弦の交換

キャップ付きの方だけ一応書いておくよ。
弦が張ってある場合はペグを緩めるとキャップが上がるから弦を抜いて交換。
弦が切れた場合はペグを回してもキャップも一緒に回るから、 キャップの上をコインやマイナスドライバーで押さえながらペグを回す。
まぁキャップそのものを回してもいいよね。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう