自作ギターアンプの箱の製作

自作ギターアンプ ここまででLM386Nを使ってアンプやエフェクターになる回路を作ってきたけど、 まともに使うつもりなら何か箱にいれなくっちゃね。
俺はギターアンプとして使えることを優先して木材で作ったけど、 他にも試した物とかの感想も書くから参考にしてよ。

木の箱で作った物のサンプルサウンドはこちら。
サンプルサウンド(wma)
例によって弾いてる内容はあれだけど、 自作の割にはなかなかいい音になってるでしょ。

中の回路の製作は LM386Nのページと、続きのオーバードライブ・ディストーションのページを見てよ。


箱の選定

アンプとして使いたいから、どんな素材の箱にするかは結構重要だよね。
回路むき出しのまま色々な箱に入れて音を出して確認してみたよ。

 ダンボール
手近なところにあったのがダンボールの箱。
とりあえず何でもいいから箱に入れて音を出してみたかったからこれに入れたんだけど、 思ってたよりいいね〜。
なんていうか温かみのあると言うか音が丸いと言うか、 これでもいいんじゃないかと思うくらい良かったね。
ただ、あまりにも弱いから持ち運ぶ事やエフェクターとして使うつもりならさすがに厳しい。
強度気にしないならダンボール結構いいよ。

 樹脂
プラスチックの元はスピーカーだった抜け殻に入れてみた。
まぁ案の定というか予想通りのカランカラン言う音だね。
安いスピーカーが樹脂なのは単に安くつくからってだけで、 音としては褒められた物じゃないよね。

 アルミ缶
初めは持ち運ぶ事を優先してそこそこ強くてコンパクトって事でアルミ缶にしようと思ってたんだよね。
ただ、中に入れて音を出した時に即却下になったね。
薄いとやっぱりダメだね〜。
音だけならまだ樹脂の方がマシだったよ。
エフェクターとして使うなら缶詰とかの小さいサイズの箱が色々考えられるから、 その場合はアルミ缶がおすすめかな。

 鉄の箱
これにするつもりは全然無いんだけど、どうなるかだけ試してみたよ。
完全に密封されてる箱じゃないんだけど、それでも音はいいね。
なんていうかいい意味で重い。
これにするつもりがないってのは加工ができないってのが一番の理由。
さすがに気楽に穴開けたり切ったりできるものじゃないしね。
ついでに言うと手頃なサイズの鉄の箱ってのも見つけるの大変だよね。

 木
まぁ初めからこれにするつもりだったし、 入れてみてもやっぱりこれがいいね。
安くて軽い木だから音だけなら鉄の箱の方が良かったかな。
箱自体が大きければもっと良くなるかもしれないけど、 そうなると「小さくて持ち運びの楽なアンプ」としての意味がなくなるしね。


木で作る

じゃあ木で作っていこう。
俺は元々こういう加工が好きで色々な工具持ってるからそれ使ってやるけど、 コツコツやっていく根気があるならノコギリと彫刻刀さえあればできるよ。
安い物ならどちらも1000円以内で買えるしね。
今後もこういうのを作っていく気があるなら持ってる方が便利だし、 他にどんな道具を使うかも書いていくから揃える場合の参考にしてよ。

予定は全然ないけど、一応エフェクターとしても使える事を想定して、 良くあるコンパクトエフェクターと同じような形にするよ。
ただ、スピーカーが上にくるとフットスイッチ踏む時に何かあると困るから横か手前に置こう。
つけたスピーカーが外枠合わせて大体8cm角だから最低でもその分の高さが必要になるね。
まぁその辺は細かく説明する必要もないだろうから、 好みのサイズに木を切って作っていこう。
とりあえず箱型になるように右の写真のようにしてみたよ。
木に結構厚みあるでしょ。
ホントのとこはもっと薄くて硬くて高級な木材にしたかったんだけどね。
中の空洞は4cm×3cm×奥行きって感じなんだけど、 これでも回路が入るところがいいね。

奥側にDCジャックとラインイン・アウト端子をつけるから、 それを取り付けるパネルが右の写真。
厚みがあるとステレオジャックの取り付けができないから、 ここは薄いベニヤ板を使う。
こういう薄いベニヤはダイレクトに電動ドリル入れたりすると割れるから、 手回しのドリルでやってるね。
例えば直径1cmの穴を開ける場合、初めに5ミリくらいのドリルで穴を開けて、 そこから削るようにしてる。
削る時に使うのは丸くて先の尖った鉄ヤスリで、手元にくるほど太くなってるやつね。
これを穴にいれて、キリで穴を開ける様にクルクル回すと綺麗な穴を目的のサイズに開けられる。
1cmのドリルでやってもいいんだけど割れる時あるから俺は大体こうしてるね。

次は上側にボリュームとかのツマミを出すから、その分の穴を開ける。
楽な方法はまず適当なサイズの穴をドリルで開ける。(右の写真)
ここからジグソーと言う刃の小さい電動ノコギリでサイズ通り切り開ける。
そんな安いものじゃないけど、このジグソーって工具は木工するなら絶対にあった方が便利だね。
これのみで穴を開けたり、曲線を切ったりもできるよ。
今回は穴をあけるサイズが小さいから初めにドリルを使った。

右の写真みたいな感じね。
ここはきれいに仕上げる必要はないよ。
薄いベニヤでジャック取り付けパネル作って載せるからね。
このパネルもさっきのステレオジャックみたいに、 5ミリくらいの穴をドリルで開けて鉄ヤスリで削る。

スピーカーを箱の手前に付けるんだけど、 右の写真の部分を丸く4cmほど奥まで削っていく。
今回の作業ではここが一番手間がかかったね。
グラインダーで全部削ってもいいんだけど、 あれって以外に削るのに手間かかるんだよね。
とりあえずこんな感じでやってみたよ。
・ 大雑把にジグソーでカット
・ 残った角を彫刻刀で落とす
・ 一度ばらしてグラインダーで丸く削る
こう書くと簡単そうだけど、1時間くらいはやってたんじゃないかなぁ。

回路を中に入れて、それぞれのジャックを取り付けたら完成!
結構いい感じでしょ。
でもここまで作ってから気が付いたんだけど、 ツマミ部分は箱の高さに合わせたら良かったんだね。
形で言えばBOSSのコンパクトエフェクターみたいな感じ。
それならもう少し小さく作れたよね。
あとフットスイッチが小さいから、 ここも上にカバーかぶせて踏みやすくしようかと思う。

あと音なんだけど、 結構密封したからむき出しの時より高音が出てないんだよね。
これはスピーカーを止めてるネジの間に何か入れて、 少し隙間開ければ解決すると思う。
で、問題はやっぱり低音で、さすがにこのサイズじゃ何してもあんまり変わらないかもしれないけど、 ウーハーっぽく穴を開けるとか中や底面に鉄板貼り付けるくらいかなぁ。
もしくはトーン部分に入れたコンデンサーを470μFより大きくしてみようかな。

もうひとつの問題はノイズなんだけど、 これはそもそもの出力が低いのもあるよね。
ボリュームいっぱいに回してもテレビ見るよりもちょっと音でかいくらいだから、 もう少し出力上がるようにした方がいいかもしれない。
実は試しに手持ちのトランジスタでテストしてみて、 ちょっと音大きくなったのは確認してるんだよね。
ただそれも部品取りしたやつで、詳細が不明だから結局やめたんだよね。
で、結局LM386Nのページの最後にも書いたけどBTL接続したわけ。
ボリューム最大でのノイズ(ブーンとかサー)は結構あるんだけど、 それは安いギターアンプでも普通にある程度のノイズだし、 ちょっと音出し程度の音量ならノイズも気にならなくなったね。


おすすめポイント

今回はエフェクターとしても使えて、アンプとしても使える事を優先して小さい物を作ったけど、 まともなギターアンプとして作るつもりなら、
・ オペアンプはLM386NじゃなくてNJM386BD(音が少し大きい)
・ スピーカーサイズは20cm以上(低音が出る)
・ 箱もしっかりした木材で20cm角以上
・ 電子部品は評判のいい固体コンデンサーを揃える
という感じかな。

スピーカーと箱はオーディオ用のスピーカーをそのまま使うといいかもね。
俺も余ってるやつあるから次回はそれで作ってみようかなぁ。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう