メトロノーム自体は今はパソコンやスマートフォンでも似たような事できるし、 マルチエフェクターや使ってる機材で出来たりもするよね。
だからメトロノームその物を持ってない人も多いと思うけど、バンド続けてたら必要にもなってくるからその辺の使い方を書いておくよ。

ライブで必ず使いたい

スタジオでの練習で使う事もあるけど、絶対に使いたいのがライブの時。
ライブになると誰でも少なからずテンション上がるでしょ。
心拍数上がるからか知らないけど、そのせいで曲のテンポ上がるんだよね。
ライブでドラマーがテンパってバカみたいな速度でドラム始めて曲が破綻した事1回だけあるよ。
ドラムスティックから始める曲で、カウント速過ぎるから止めた事もあるね。
だからドラマーは絶対にライブにはメトロノームを使って欲しい。

同じように他のパートの人でも、 そのパートから始まる曲あるよね。
1曲だけしか使わない時もあるけど、 それでもその1曲の為だけに使いたいね。

で、こういう使い方をする場合、 ずっとメトロノームに合わせてってわけじゃなく、 単に曲の出だしにタイミング取るだけでいいよ。
例えば自分のギターから曲が始まるなら、 テンポ160ならその速度にセットしておいて、 曲を始める前にそれで確認。
とりあえずその速度で曲を開始して、 ドラムが入りだしたらそっちに合わすわけだからもうメトロノームは必要ないしね。

こういう使い方をするから、メトロノームは音が鳴る必要全然なくて、 LEDがピカピカ光る物がいいし、エフェクターでもチューナーでも付いてるやつでOK。
もし無かったらクリップ型の小さいやつなら安く売ってるよ。

プロのライブでもギターやベースの人の近くでチカチカ光ってるの見たことないかな。
あれは大体メトロノームだと思うよ。
他に光る物がないわけじゃないけどね。

ついでだからメトロノームの種類と使い方も書いておくよ。


共通の使い方

・ 速度設定
言うまでも無くテンポの設定。

・ 音量設定
電子音を鳴らすものは音量の設定ができる。
それと一緒にLEDで光ってお知らせ。

・ 小節の頭
例えば4分の4拍子の場合、タンタンタンタンだよね。
この頭に違う音を入れて、チーンカッカッカッとかピットットットッというように出来る。

・ 拍子
頭の音が違う場合、4分の4拍子なら4回、4分の3拍子なら3回に1回、頭の音は違う音にならないといけない。
メトロノームとして売られている物ならこの設定は大体できるんじゃないかな。
マルチやチューナーに付いてる場合は設定できない物もあるね。


クリップ型電子メトロノーム

安いから持ってる人も多いと思う。
俺も持ってるよ。
マルチエフェクター使ってた時はそれでできるメトロノームを使った事あるんだけど、 LEDが小さすぎて光ってるのも分かりにくいし、ライブ1回で使うのやめたね。
やっぱりこういうメトロノームとして作られてる物の方が使いやすいよ。
使い方も簡単だからね。

ギターの場合はエフェクターケースに入れて使う事になるから、 別にクリップ型メトロノームじゃなくてもいいね。
クリップ型はドラムしてる人はほとんどの人が持ってるんじゃないかな。


YAMAHA 電子メトロノーム ME-55BK ブラック
Amazon.co.jpで詳細を見る


振り子型メトロノーム

昔からあるメトロノームだね。
学校の音楽室に置いてあったと思う。
振り子を逆さにしたような仕組みで、 棒に付いてるおもりの位置によって速度を調整する。
本体に目盛りが付いてて、ここにアレグロとかテンポの数字が書いてあるから、 それに合わせて調整。
電池や電源がいらないのが利点でもあるけど、 ぜんまいを巻かないといけないのがちょっと面倒でもあるね。

個人的にはメトロノームの中ではこれが一番合わせやすい。
これ、電子音、LEDの光だけ、の順に合わせやすいね。
LEDの光だけでずっと合わせられる人ってすごいよ。


SEIKO SPM320
Amazon.co.jpで詳細を見る


多機能型電子メトロノーム

いろいろな拍子やパターンでリズムを鳴らしてくれるメトロノーム。
これはライブ中に使うよりもむしろ練習の時だね。
ドラムやベースの人に持ってる人が多いんじゃないかな。
自宅練習ならパソコンでもできるけど、 持っていけるというところが利点。
スタジオでの練習や録音の時も有効活用できるね。
多機能な分使い方は比較的ややこしいから説明書はなくさないようにしよう。

どれでもってわけじゃないけど、いいメトロノームになると大体はヘッドフォン端子付いてるから、 でかい音で演奏する場合にも使えるのはいいね。


【BOSS】 Dr. Beat DB-30
Amazon.co.jpで詳細を見る



ここでは主にライブで必ずメトロノームを使って欲しいという事を書いたんだけど、 リズムトレーニングをするためにたまたまこのページを見たって人は、 テンポを体に入れるも見ておく方がいいよ。
音楽続けてたら誰でもできてる事なんだけど、 楽器始めたばっかりって人はすごく重要だよ。

単に一定テンポに合わせてという事ならMusic Studio ProducerでMIDIの打ち込みのページで、 ドラムに合わせるためにソフトの使い方をやさしく解説してるからそちらを参考に。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう