ギターに関わらず楽器やってたりバンドやってるなら自分のオリジナル曲を作りたいよね。
色々な人に聞いても「作曲って難しそう」とか言うんだけど、 全然そんな事ないし誰でもできるから音楽やってるなら是非やって欲しい。
パートごとにちょっとコツを書いていくから参考にしてみて。
あと、最終的に演奏を録音するにしても、サンプル作るならMIDIで打ち込みする方がいいから、 MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習も参考にしてよ。


なにで作曲するか

作曲と言えばピアノとかギターとかでするようなイメージあるかもしれないけど、 いつの時代も
最強なのは鼻歌 なんだよね。
誰でも作曲できる理由ってのもこれだね。
何故これが最強なのかって言うと手軽だとか誰でも出来るとか以外に、
もっともセンスが表れる からなんだと思うよ。
俺もギターで作曲するなら音楽理論とか学ぶ必要があるかと思って色々本読んだり、音楽の勉強ってのをやったわけよ。
それを境につまらない曲しか書けなくなってね。
いちいち考えながら作曲してしまうわけ。
いうなれば機械的になってたんだね。
音楽理論が身についてて自然と作曲する中で生かす事ができればいいんだろうけど、 俺みたいな中途半端な状態ではろくな結果にならなかったね。
もちろんそうして作った曲は完成度も高いし、人に聞かせる分には「まともな曲」なんだけど、 曲自体が自分でもいまいちだし、あまり人に聞いて欲しいとは思えないんだよね。
だから俺は作曲する時はとりあえずギターは置いといて、 鼻歌でメロディー作ることを優先してる。
別にみんなにそうすることを薦めてるわけじゃないし、 ギターでかっこいいコード進行から作る方が得意だって人はギターで作曲する方がいいよね。


メロディーラインの作曲

メロディーライン優先で作る場合はやっぱり鼻歌だよね。
ギターで単音で好きなライン弾いて作曲するってのもあるけど、 鼻歌の方がその人の個性が出るしおすすめかな。

で、どうするかっていうとホントにただ鼻歌で歌うだけ。
そしてそれを携帯プレーヤーとかボイスレコーダーで録音するわけ。
さぁ曲作ろう!と思ってレコーダー片手に鼻歌歌おうとしてもろくなメロディーできないんだけど、 俺の場合は寝ようと思って布団に入った時にどんどんメロディーが頭に浮かぶんだよね。
だから枕元にレコーダー置いといて、いいメロディー浮かんだらすぐ録音する感じ。
これは人によってお風呂だったりトイレだったりするみたいだね。
その時に録音したメロディーは一部でもいいよ。
少しずつ録音していって、たくさん集まったらそのうちまとめる感じ。
それを全部集めて1曲ってわけじゃなく、 例えばこれとこれイメージピッタリとか、Aメロはこれでサビはこれがピッタリとか、 そんな感じで合うやつを組み合わせていくわけ。
もちろんそれだけで1曲出来ることって全然ないんだけど、 足りない部分はまた考えていく。
Aメロとサビがあるなら、Bメロ考えるくらいだから比較的いいのできるよ。

とにかくコツはどんどんどんどん録音していく事。
せっかく浮かんだメロディーがその時だけで終わったら勿体無いしね。
あとで録音しようと思っても大体は違うメロディーに変わったりするし、 すぐに録音できるようにしておくってのもコツだね。

ギターで先にコード進行作ったあとにメロディー載せる場合は説明するほどの事じゃないけど、 ギターでコード弾きながら浮かんだメロディーを鼻歌で歌って録音していく。
俺がやってる方法は、ギター持ってると暇ある時に適当にコードで弾いたりするよね。
適当に弾いてていいコード進行あったら、とりあえず紙に書いとくわけ。
いちいち押さえるとこ書くわけじゃなく、CDEFみたいにほんとにコードだけを羅列して、たくさん溜めていく。
そうして出来たコード進行に合わせて鼻歌歌うんだけど、 こっちもさぁ作ろうと思ってやってもろくな結果にならないから、 なんとなくメロディー浮かぶような感じの時にそのコード進行見ながらやってみるわけ。
同じコード進行で違うメロディーを何回も録ったりするね。
それでこれだっていうのが出来たらまとめていく感じ。


ギターパートの作曲

メロディー作ってからギターパートを乗せる場合、 単音で弾く分には別に問題ないよね。
メロディーに対して外さない音を曲のイメージに合わせて弾いていくだけだからね。
面倒なのはコードに起こしたり、ノリのいいリフ作ったりする時。
どっちが先かって話みたいなものなんだけど、 コードが分かればリフも作りやすいけど、 いちいちコード決めるくらいなら単純なリフ考える方が速いとかね。

先にベースパートを決めるってのもひとつの方法で、 ベースはコードのキーとなる音を多く使うから、 曲のイメージに合うラインを乗せるのと同時に、コード進行も分かりやすいってメリットがあるね。
先にコード進行から作曲する場合や、メロディーに合うコード進行を探す時はキーとダイアトニックコードとコード進行で説明してるから参考にしてみて。

それとは別にギターパートについて。
知人が作曲を始めた時に言ってたんだけど、 「ギターパートが付けられない」って言うんだよね。
これはコードがどうとかは置いといて、 ギターらしいリフが考えられないって話ね。
最もエレキギターらしいリフってパッと思いつくものでもいくつかあるけど、 それってやっぱり経験だよね。
その人はギター弾き始めて比較的早くに作曲しようとしたんだけど、 エレキギターらしいリフが考えられない、パワーコードでゴゴゴゴ弾くしかないって感じなんだよね。
それは何故かって言うとその人が弾いてたバンドの曲がパワーコードばっかりなんだよ。
でさ、その人が作った曲のコード進行見ながら適当に合いそうなリフ弾くと、 アドリブでどうやってそんなに凝ったリフが弾けるの?とか言うんだよね。
別にアドリブってほどじゃなくて、コードが分かるならそのコードの使う音だけでも十分それらしく弾けるよね。
例えばこんな感じ。


何がどうってほどでもなく、単にG→Aのコードで使う音と、オクターブ違いを弾いてるだけ。
理屈が分かれば簡単な事だけど、どういうリズムでって話だとそれはやっぱり経験だよね。
だからギターを弾くなら色んなジャンルの色んなバンド弾く方がいいし、 その方が自分が作曲する時にも生かすことできるよね。

曲によってはパワーコード弾いてる方がかっこいい場合もあるし、 メタルなんか単音刻み基本だもんね。
ギターに限った話じゃないけど、曲中途切れなく弾く必要って俺は無いと思うし、 1小節あたり8分音符2個しか弾かなくても曲によってはありだよね。
メロディー聴きながら単音で弾いていって、あとからそれに音を重ねていくって感じでもいいと思う。
エレキギターらしいとかコードがどうとか難しい事考えるより、 こうしてイメージに合わせて音を乗せていくほうがいいかもね。


ベースパートの作曲

ベースって良くリズム隊とか言われるよね。
演奏する時はそういう事でもいいんだけど、 曲におけるベースラインってのは
曲の表情を担う重要なライン
なんだよね。
同じ曲でもベースラインが変わるだけで曲のイメージは大きく違う物になる。
ベースが地盤、ギターは装飾って感じかな。
ベースラインが小節ごとに同じ単音を引き続けるようなパターンは、 敢えてそうしてる場合を除けば、なるべくやめて色々試してみる方がいいよ。
バンドのベースの人がかっこいいラインを乗せてくれるなら、その人に頼む方がいいね。

メロディーの次にベースライン考える人も多いみたいだね。
ギターと違って基本単音で弾くから作りやすいってのもあるし、 よりイメージに合わせやすいってのもあると思う。
音の乗せ方の基本は、先に作ったメロディーに合わせて適当に弾く感じ。
ギターしか持ってなくても、3弦〜6弦だけを使って弾けばいいよ。
コードに合わせて弾くなら先にメロディーをコードに起こしておく方がいいんだけど、 そうじゃなければ単純にメロディーから外さない音で適当に弾けばいいかな。

俺はメロディー聴きながら頭にベースライン浮かべて、それを一度ギターで弾いてみて、浮かんだベースライン通り弾けたらメロディーに合わせてみてる。
一番最初に書いたことと同じだけど、こうして浮かんでくるベースラインはその人の個性が出てくるからこっちの方がおすすめだね。


ドラムパートの作曲

俺がロックが好きな一番の理由はここにある!
とにかく楽曲におけるドラムの存在価値はすごいよ。
MIDIの打ち込みなんかやってると分かるんだけど、 メロディーラインにギターとかベースとかだけ乗せると、それはまぁそれでいいんだけど、 メロディーにドラムを乗せるだけで一気にロックになる。
だからこそ合い間合い間のドラムの装飾はできれば凝って欲しい。

でもドラマーじゃない限り多くの人は家にドラムなんか置いてないし、 どういう感じでドラムパート作ればいいか分からない人も多いと思う。
基本と重要な事だけ書くよ。

ドラムの基本と言えば8ビートだよね。
ズッタンズッタンみたいなやつ。
ズッタンズズタンでもいいし、ズタズタズタズタでもいい。
とりあえずこれを曲中通して鳴らしてみる。
そうそう、他のパートはともかく、ドラムだけはMIDIとかドラムマシン使う方がいいよ。
というよりも無いと作れないといってもいいくらいだよね。
で、一応曲全体にドラムが乗るから、あとはここから装飾していく感じ。
例えばイントロの出だしと最後、サビの出だしと最後とかね。
こうして少しずつ曲に合うように変えていくわけ。

最終的に最初に乗せたドラムライン全てが変更されるくらいがいいんだけど、 曲によっては普通に8ビート叩いてる方が合うものも多いし、 その辺は色々試してみるしかないね。
あと、ドラムしない人でドラムライン乗せる時の注意点としては、 「叩けるかどうか」ってのは覚えておく方がいいよ。
スネアとタム同時に連打できないってのはもちろんだけど、 速いペースで右手でスネア(16分音符)を叩いてすぐにフロア叩くって無理でしょ。

とにかく楽曲としてイントロとかサビ手前からサビ、ギターソロとかのドラムラインの威力はすごいよ。
妥協せずにかっこいいドラムラインを作って欲しい!



パートごとに作曲する概要を書いてみたけど、もっと理論的な事の方がみんな知りたいのかなぁ。
実際俺もそうだったから色々勉強したし、 まともな曲は作れるようになったけど、人に聞いて欲しいと思える曲が書けなくなったりしたんだよね。
だからそういう理論的なことは置いておいて、感覚で作曲して欲しいね。
理想はバンド内に一人でもそういう音楽理論に詳しい人がいて、 直してもらったりアレンジしてもらう感じかな。
変なことしてたってバカにされたりしないし、 音楽理論に詳しい人も感覚で作曲する方がいい曲ができるっていうのは分かっているからね。

アレンジする人を目指すならそういう知識は絶対に必要だし、 音楽概論とかの超面倒な本はたくさんあるよ。
堅苦しくて読むの嫌になってきたりするけど、へぇ〜とかなるほどと思うよ。
ただそういう本って難点は、用語は基本日本語なんだよね。
キーとかスケールとか書かれてないし、Eマイナースケールとか漢字で書かれてるのは勘弁して欲しいよ。
ロックじゃない音楽で他の人と合わせたり話したりする時は、日本語での言い方も分かる方がいいけどね。
まぁ間を埋めるような形でギターの音楽理論みたいな本もあるし、コード進行とか実際の作曲やプレイについてはギター向けの本の方がいいし、圧倒的に分かりやすいね。



CD付き ギターで覚える音楽理論 確信を持ってプレイするために 養父貴 著
Amazon.co.jpで詳細を見る





機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう