エレキギターの各部の名称

エレキギターには色々部品が付いててそれぞれに名称があるから、 先に一通り覚えておく方がいいよ。
入門書なんか読んでもその辺の言葉が必ず出てくるしね。
それぞれがどんな名前でどんな役割をするのかも合わせて説明するよ。

ギターの部品の名称

名称各部の解説

1. ヘッド
普段ギター弾いててヘッドがどうこうって言う事全然ない。
ほとんどのメーカーがここにロゴを入れてる。

2. ペグ
弦を張る時に巻きつける部品の名称。
こだわる人はこれにもこだわるみたいだけど、ほとんどの場合はどうでもいい。
ただロック式ペグは便利だから、もし壊れた場合はロック式にする事も考えてみてもいいね。
特にネジで締めることのできないペグはチューニングが狂いやすいから、 そういう物があるという事は覚えておく方がいいね。

3. ナット
弦を所定の位置に引っ掛けるもの。
ネジでロックできる物もあり、チューニングが狂いにくくなっている。
反面、普段のチューニングが面倒になる。
多くの場合付いていないけど、ロックナットに変える人もいるみたい。
また、溝が浅すぎて弦が外れる物が稀にある。
その場合はギターの調整を参照の事。

4. フィンガーボード
指板と言う方が多いような気がする。意味は同じ。
普段拭いたりしてないと手垢でベタベタになってくる。
フィンガーボード(指板)のメンテナンスを参照の事。

5. フレット
金属の棒で、弦とこれが接触する事で押さえたところの音が出るようになってる。
フレットと言うと指板と思っている人もいるけど、 正確には金属の棒そのものの名称。
現在は22フレットあるものが多いため、22フレットまで使う曲も多い。
古いものを買う場合は注意が必要。

6. ネック
ボディーからヘッドをつなぐ木材。
ネックが反るというのはこれが歪んでくる事。
また、順反りはネックの中心部が後ろに曲がっていき、 逆反りは中心部が前に曲がっていく事。
若干順反りな状態になってるのが普通。
反りのチェックや調整方法はネックの順反り(逆反り)の調整を参考に。

7. ポジションマーク
何フレットであるかを分かりやすくする為のマーク。
3、5、7、9、12、15、17、19、21に付いていて、12フレットだけ少し違うマークになってる。
とりあえず12を最初に覚えておこう。
12フレットは開放の1オクターブ上の音になる。

8. ストラップピン
上にある方はトップピンとかフロントピンとかみんな言い方バラバラ。
「上のストラップピン、下のストラップピン」で普通は通じる。 また、下にある方はエンドピンと言う人もいる。

9. ピックガード
写真では説明しにくいけど、ボディーの上にかぶさってる樹脂の事。
レスポールの場合はもっと小さいのが右側に付いてる。
どちらにしても謎の部品。

10. ピックアップ
エレキギターの心臓ともいえる磁気コイルの事。
要はマイクと同じで弦の振動を電気信号に変えて音を出せるようにしてる重要なパーツ。
これを変えると音も変わる。
ピックアップの交換方法ピックアップの仕組みと作り方も参考に。
また、コイルが一列の物(写真の物)をシングルコイルピックアップ、二列の物をハムバッキング(ハムバッカー)という。
ちなみに、ハムバッキングの周りの枠の名称はエスカッションと言うらしい。
ただそう言う人には出会ったことがない。
普通はピックアップの枠。

11. ブリッジ
弦の張りの終端の部品の名称。張りの終端であって、弦の終端ではないので注意。
ブリッジミュートなどはここに手を当ててる。
ストラトはこのユニット全体がトレモロユニットと呼ばれ、アームで音程を上下させる事ができる。
ちなみにこの写真ではアームは外してある。
オクターブチューニングはブリッジを動かして調整する。
錆びて動かない場合はブリッジのメンテナンスを参考に。
また、レスポールの場合の弦の終端部分の名称はテールピース。

12. ボディ
ギター本体の事。ピックアップに並び、ギターの音質に関わる重要なパーツ。
オリジナリティーを出す為にペイントしたり、全体に色を塗ったり、穴をあけたりする人もいる。
過度にいじると音にも影響する為、高価なギターでは躊躇してしまう。

13. ピックアップセレクター
レスポールの場合トグルスイッチ、全体で単にスイッチと言う人もいる。
どのピックアップを使うかを選ぶパーツ。
普通はリア側は音がシャープになり、フロント側は高音が出にくくなる。
その為、ソロはリア、リズムはフロントというような使い分けをする場合もある。
基本はピックアップセレクターの基礎知識を、 ノイズが出る、音が出ないなどの場合はピックアップセレクターのメンテナンスを参考に。

14. ボリューム&トーンコントローラー
ボリュームは音量に関わるんだけど、 エレキギターの場合歪みにも影響する。
なので、普通はMAXで使う。
トーンは音質を変えるもので、 MAXでは高音が出やすくなる。
こっちも普通はMAXで使う。

15. ジャック
アンプにつなぐケーブルを接続する穴。
ギター弾いててガリってノイズが出る場合は大体これ。
そういう場合はプラグジャックのメンテナンスを参照の事。



あと、ギターの弦は一番細い物が1弦、一番太い物が6弦。
ギターで使う用品などは一般的なものだけどその他に必要な物を参考に。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう