ギターを弾く上で結構重要なのが空ピッキング。
弾ける速度だと全部ダウンで弾いたりするけど、タイミングがずれたりたどたどしくなったりするよね。
空ピッキングが出来るようになるとリズムのいい演奏ができるよ。
これはオルタネイトピッキングでもコードストロークでもどちらでもするよ。


空ピッキングとは

空ピッキングの例 ギターでコードをジャカジャカ弾く時みたいに、 右手をダウンアップダウンアップって弾く場合で、 右の図の通りのダウン・アップで弾くと、 最初の4分音符がダウン、 次の8分音符もダウン、 つまり最初の4分音符を弾いたあと次のアップは弦に当てずに右手を上に戻して次のダウンを弾いてるよね。
この時の弦に当てずに動かす動作が空ピッキング。
まぁ字で書いても分かりにくいから次に行こう。

空ピッキングで弾く 次の図の場合、休符の後の8分音符をアップで弾くわけね。
つまり8分休符の部分がダウンの空ピッキングになる。
同じようにもうひとつの8分休符もダウンの空ピッキングだね。

結局これ何してるかって言うと、右手はずっとブラブラさせながら、 音を出すところだけピックを当ててるわけ。
弦楽器ってどれも似たような弾き方するけどギターもそうで、 小節の最初はダウンで入って、最後はアップで終わるのが基本なんだよね。
絶対ってわけじゃないけど基本。
ギター始めた頃って一区切りの最初をダウンで弾いてしまうよね。
つまりこの図で言えば、休符の次の8分音符をダウンで弾いてしまう。
そうしてしまうと、最後の音をダウンで弾いてしまって、次の小節をアップで弾き始める、 もしくは急いで戻ってダウンで弾く、というようなたどたどしい弾き方になってしまう。

単音でも全く同じ。
オルタネイトで弾く場合でもちゃんと空ピッキングで弾ける方がいいね。
ブリッジミュートや全部ダウンで弾ける速度なら別にいいんだけど、 ダウンで弾けない速度になると空ピッキングができないと、 実際に弾けないフレーズというのがあるからね。
まぁその辺は置いといてもリズム良く弾くならやっぱり空ピッキングができる方がいいよ。


空ピッキングの利点

ということで上みたいな譜面の場合、右手はずっとブラブラさせてる方がいいってのは分かってもらえたと思う。
でもこれが慣れるまでは意外にできないんだよね。
だからそんなこと無視して強引にダウンで弾きつづけてる人もいるんじゃないかな。
空ピッキングがやりにくいから、強引に弾く方が簡単って思いがちなんだけど、 実は空ピッキングで弾く方が圧倒的に簡単なんだよね。

例えばさっきの譜面の休符。
4分音符はリズム取れてたら簡単だけど、次の8分休符をキッチリ8分休むってのは意外に難しいよ。
ダウンだけで弾く場合、4分音符・8分休符・8分音符と弾こうとしても、いちいち8分休符を意識して休まないといけない。
8分休符ダウンで弾きかけてやめたー、みたいな感じ。

これを空ピッキングで弾く場合、テンポに合わせて右手をブラブラさせてるだけで、 右手は1小節辺り8回ピッキングしてることになる。
つまり8分音符が8個並んでるのと同じ。
そこで必要な音だけ弦に当てて、休符のところは空振りすると、 完璧なリズムで弾けるわけだね。
いちいち休符で弾くの休みって考えなくていいから、 音を出すタイミングがずれたりすることが無いわけ。
そういうことで、同じ譜面弾くなら空ピッキングできる方が簡単ってわけだね。
休符の多い譜面ほど空ピッキングできる方が楽だし譜面通りちゃんと弾ける。
これはコードでも単音でも言える事だから、やる場面は結構多いね。

4分音符があった場合はダウン(音)アップ(空)になるし、 2分音符があった場合はダウン(音)アップ(空)ダウン(空)アップ(空)になって、 この間右手はずっとプラプラさせてる。
カッティングがある場合は右手はピッキング当てて、左手をミュートするわけだね。
16分音符が混ざる場合でも、そこだけ倍速になるだけだから割と簡単。

実際にギター弾くのに慣れた人が同じ曲を弾いてるのを見る機会があればすぐに気が付くんだけどね。
強引に弾いてるとすごくたどたどしいんだけど、 空ピッキングで弾けてるとすごく流暢というかスムーズに見える。
しかも実はそっちの方が簡単という。
たまたまこのページ見て、へぇ〜、知らなかったという人は、すぐにでも試して欲しいね。
練習は上で書いてる譜面でも十分だし、適当なコード押さえながらでもいいよ。
要は右手はずっとフリフリしながら必要なタイミングで音を出すだけ。
やりにくかったら最初は全部空でずっとフリフリして、 1小節の最初だけ音を出す、出来たら最後の音も出す、みたいに少しずつやればいいよ。
とにかくギター弾くなら空ピッキングは早いうちにできる方がいいね。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう