ギターの速弾きの基本練習方法

速弾きのコツや秘訣と解説を書いてからこっち書いてるという。
何やってるんだろうね。
そっちが細かく書きすぎたと言うか、自己満足的になってしまったから、 ここではギターの速弾きの為に重要な事を簡単なフレーズに絞って実際にやってみるよ。
だからこっちはそこそこエレキギターが弾けるようになった人も挑戦して欲しい。

ギターの速弾きの基本で重要なのは
人差し・中・小指 の順番で押さえる事と逆の
小・中・人差し指 の順番で押さえる事の
この二つがキッチリできる事が最も基本だよね。
もちろん、人差し・薬・小指も同じようにできる方がいい。
でもここで言う重要な話はどの指を使うかじゃなくて、 押さえる指の順番という事ね。
人差し指から押さえていく か 小指から押さえていく かという事。

実際にフレーズ弾きながらやってみよう。
速弾きの基本フレーズ1
先に言ってしまうとこれを最高速度でキッチリ弾けるようになるまでやろうという話。
まずこれをテンポ150程度でいいから間違いなくキッチリ音が出るように弾く。
とにかく1音でもカスったらダメで、できるようになるまで延々繰り返す。
できなかったらできる速度まで落とす方がいいよ。
問題なければ少しずつテンポを上げて、同じように完全にキッチリ弾けている事を確認。
そこそこ速くなってくると、どうしてもミスるところが出てくるよね。
そうなったら、その音までを繰り返し練習。
例えば4音目の10フレットが失敗しやすいなら、
10・8・7・10 までを繰り返す。できたら
10・8・7・10・8 までやって、出来たら最後までやる。
一応この時にピックの向きが正しく終われているかも確認ね。
例えば10・8・7・10なら最後はアップ。

ここで1弦3音なのに4音弾いたり、そもそもガチャガチャやってるだけで3・3と弾けてないなら、 速度落として、徹底的に練習する方がいいよ。
これは誰でもそうなんだけど、自分の限界にくるとそれ以上を無理に弾こうとするとガチャガチャしてしまうんだよね。
だから確実にキッチリ弾ける速度から、「限界」までキッチリやる。
この限界を知るというのは結構大切な事だし、 あとはその限界をどこまで上げていけるかなんだよね。

さてこれで、実際の速度としてはテンポ200〜300くらいの自分の限界まで上げてやっていく。
人にもよるから結構幅広く言ってるけど、 とにかくその範囲内くらいで右手の限界速度までキッチリ弾けるように練習だね。
で、ここまでが小指から押さえる基本練習で、次に
速弾きの基本フレーズ2
こっちの人差し指から押さえる基本練習も同じようにやる。

ギターの運指ってこの人差し指からか小指からかの二つの運指が基本だから、 この両方の動きでのキッチリ弾ける限界速度が高ければ高いほど速いフレーズや難しいフレーズも楽に弾けるようになるよ。
速くて難しいフレーズを延々と練習するのもひとつの方法ではあるけど、 こういう簡単なフレーズで限界を上げる練習の方が、 全体を見れば俺はおすすめかな。
ギターの運指ってもっとバラバラだったりするけど、 そういうのも今回やった練習の効果はすごくあるし、 使う指の話はまた別だからね。

今回やった運指ってほとんどの人にとってはやりやすい運指だと思うけど、 それが限界速度までやると、同じ速度だと5・7・9は失敗する、とかね。
この辺の練習は応用だから、苦手なところも同じように練習してみてもいいよね。
こういう「キッチリ弾けてるか」を確認したり練習したりって、 どんなに上手くなってもやってると思うし、 俺もその日にギター弾く一番最初はほとんどやってるね。
弾く内容は日によってバラバラだったり、何日も同じ事やったりするけど、 急にこの曲弾きたいって場合を除けば必ずやってるんじゃないかな。

ドラムパターンに合わせてギターの練習をする

こういう練習はやっぱりリズムに合わせてやる方がいいよね。
メトロノームでもいいけど、ロックギターするならやっぱりドラムに合わせたい。
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みのページでフリーソフトを使ってドラムパターンの作り方を説明してるから参考にしてよ。
それなら好きなテンポでドラムを叩かせながら、上で書いた練習も繰り返しできるしね。
それにメトロノームって大体テンポ250までしか上げられないけど、 このフリーウェアはテンポ500まで上げられるよ。
まぁそこまで上げる人はいないだろうけど、300くらいまでならやってみたい人も多いだろうから、 ドラムマシンとかを持ってないなら、そのソフトでやってみてよ。
ギターやってるとドラムに合わせる練習って、今回みたいな事以外でも有効な場面って結構あるからね。

あと、難しいフレーズを繰り返して練習する場合は、繰り返し練習のコツがあるからそちらも参考に。

どうでもいい話だけど、速弾きってホントは早弾きって書くと思うんだけど、 あんまりハッキリ覚えてないけど昔に読んだギター雑誌か何かで、 早弾きと書くより速弾きと書く方が速そうだしカッコイイって書いてたからなんだよね。
どーでもいいつまんねー話だけど、確かに速弾きと書く方がカッコイイよね。






機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう