ピックアップセレクターとは

ピックアップセレクターは、名前の通り「どのピックアップを使うか」を選ぶためのスイッチ。
ギター本体を立てて見た場合、上側にあるピックアップをフロントピックアップ、 下側にあるピックアップをリアピックアップと呼び、ピックアップセレクターで選べるようになっている。
レスポールとストラトキャスター系では少し違うものが使われてる。
ここではその仕組みなどを書いておくよ。

レスポールのピックアップセレクター

レスポールのピックアップセレクター ピックアップセレクターの中でもレスポールで使われている物はすごく簡単。
レスポールは普通ピックアップが2個付いている。(3ピックアップの物もある)

レスポールのピックアップセレクターの選択図 ピックアップセレクターでは3箇所選べて、
1. フロント
2. センター (フロント&リア)
3. リア
ということ。
上の写真の向きなら、右に倒すとリア、左に倒すとフロント、中心がセンターになるね。
これは配線が、フロントを選んだ場合は「フロントだけがつながる」、リアの場合「リアだけがつながる」というようになっていて、 センターを選んだ場合は「フロントとリア両方がつながる」となり、 音もそれぞれ単体の音と、センターの場合フロントとリアを混ぜた音になるというわけ。

一般的にリアが高音寄り、フロントが低音寄りの音になるから、 イントロやソロはリア、バッキングはフロントと使い分ける人も多いね。
ただこの音の違いは弾いている人くらいにしか分からないと言うのが実際のところなんだけど、 うまい人ほどそんな少しの違いでさえこだわって変えているということも覚えておくといいかもね。
もちろん全く変えない人もいて、中にはノイズ対策にどちらかのピックアップを直結してる人もいるくらいだよ。


ストラトキャスター系のピックアップセレクター

ストラトキャスターのピックアップセレクター ストラトキャスター系のピックアップは3つ付いている物も多いからそちらを基準に説明するよ。
ハムバッキング2個などの場合の基本的な考え方はレスポールと同じだね。

ストラトキャスターのピックアップセレクターの選択図 ストラトキャスターでピックアップが3つ付いている場合、
1. フロント
2. フロント&センター
3. センター
4. センター&リア
5. リア
と5段階に分かれている物もある。
これは物にもよるから、3段階に分かれている場合は、それぞれの中間がないという事になるね。
向きは一番下側がリア、上側がフロント。
こちらもレスポールと同じく、リアが高音寄り、フロントが低音寄りの音になるよ。
そこまで細かく分かれていて音に違いがあるかと言うと、そこそこあるね。
一段ずつなら弾いてる人にしか分からない程度ではあるけど、 リアとフロントになるとかなり違ってくるよ。
ギター本体だけでこれだけの違いが出せるというのがストラトキャスターの良いところで、 普段レスポールを使っている俺にとって、そこはホントに魅力だね。
歪みサウンド、クリーンサウンドを使い分けるなら、 更にピックアップセレクターでも音調整ができるし、 ピックアップセレクターを触ってこそのストラトキャスターと言ってもいいくらいだよね。

ただ、難点はピックアップセレクターの配線がすごくややこしくて、 交換する場合はホントに面倒だね。
メンテナンスするにしても、酷くない場合は交換じゃなく、なるべく接点復活剤でやり過ごしたいよ。
もし交換する場合は、仮にフロントとセンター、センターとリアの中間を使わないからといって、 ピックアップセレクターのフロント・センター・リアの3箇所だけをつなぐ、というのはやめた方がいいよ。
ピックアップセレクターはギター弾いてる時に、 ジャ〜ンと少し長い音の時にパッと切り替えたりするんだけど、 中間をつないでおかないと、この時に音が途切れるんだよね。
途切れるというか、ブツッというね。
だから元通り配線するか、中間でもどこかに接続する方がいいよ。



ピックアップセレクターのトラブルといえば主にガリ音などのノイズが出てしまうこと。
これは基本的に「普段使うことがあるほどノイズが出にくい」んだよね。
普段全くピックアップセレクターを使っていないと、 たまに使おうとしたら音が出ない、ノイズが出るというような感じ。
使いすぎるとまた別の問題が出てきそうだけど、 ある程度使う方がおすすめだね。
ガリ音やノイズが出る場合は、基本的にレスポールだけどピックアップセレクターのメンテナンスも参考に。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう