木は湿度の影響で結構歪むんだよね。
ギターのネックは普通に木だからどうしても反ってくる。
以下の方法で試してみて、反ってる場合は調整する方がいいよ。
トラスロッドとは何なのか、仕組みや構造も知っておく方がいいね。

ギターの反りの確認

ネックの反りの確認 ギターのネックの反りは1フレットと最高フレットを押さえて、 12フレットや丁度真ん中あたりの弦の高さを見て確認する。
ここに隙間がある場合は順反り、 隙間がない場合は逆反りの可能性がある。
順反りの場合の弦とフレットの隙間は可能な限り0に近い隙間が理想的。
わずかに弦が浮いてるくらいならOKだけど、 見るからに数ミリ浮いてる場合は調整する方がいいね。

細かい事を言うと、1と5、5と12、12と最終フレットとか適当な幅でそれぞれ押さえながら中心の弦の高さを見る。
そうするとどのへんがどれくらい反ってるか分かるよね。

この反りは必ずネックの中心から反るわけじゃなく、 例えば1〜7フレットまでは真っ直ぐなのに、 7〜最終フレットが反ってるとかもあって、 トラスロッドで調整するにしてもそんなに都合よく反ってる部分を調整できるわけじゃないんだよね。
だから致命的なほどの反りになってなければそれほど気にしなくてもいいよ。


ギターのトラスロッドの仕組みと構造

トラスロッドの仕組み ギターはネックの中にトラスロッドという鉄の棒が入ってるんだけど、 これを回す事でネックの反りを調整できる。
その鉄の棒はネックの端と端が固定されてて、 端のナットを回すと鉄の棒が出てきたり入っていったりするという仕組みになってる。

ちょっと蛇足だけど、ギターの「トラスロッドの仕組みを間違って解釈してる」人すごく多いんだよね。
でもそれって間違ってるわけじゃなく、昔はそうだったんじゃないのって思う。
俺もずっと間違って覚えてたよ。
だって若い頃に読んだギターの解説書にそう書いてたからね。
今はトラスロッドでもいくつかの構造や仕組みがあるけど、どれも上のような引く・押すという仕組みになってるね。

トラスロッドでネックの反りの調整

トラスロッドの場所 レスポールの場合、ヘッドにあるカバーを開けるとトラスロッドが見える。
レスポールに限らず、他のギターでもこの辺に開きそうなカバーがあれば開けてみるといいよ。
できれば弦は全部タルンタルンになるくらいに緩めておく方がいいね。
ストラトキャスターの場合、ネックの下側に付いてるからボディーから外さないといけない。
だからこっちも弦はタルンタルンに緩めておいて、ボディー裏のネジ4本を外す。
付け根のところにトラスロッドが入ってるのが確認できるよ。
トラスロッドの回す方向 ここを
順反りの場合は時計周り
逆反りの場合は反時計回りに回す

結構硬いよ。
ネックを見ながら回しても曲がったかどうか分からないんだけど、 20度回すだけでも結構違ってくるから、1弦と6弦を緩くでいいから張って、少しずつ調整するといいね。
とにかく注意点は絶対に回しすぎない事。
最悪ネックがねじれたり、限界を超えるとトラスロッドの仕組みが壊れたりする。

使う工具は六角レンチで、ギターにもよるかも知れないけど買った時に付いてるんじゃないかな。
付いて無くても家にあったりするし、ホームセンターにいけば置いてあるよ。
トラスロッドレンチというのもあって、 それを使えば一番やりやすいんだけど、 大体は普通の六角レンチで回せるよ。
でも異様に硬い時もあるから、 メガネレンチを継いで長さを稼いで回しやすくしたりもするけど、 そこまで硬かったらリペアショップに頼む方がいいかもね。
特に錆び付いてるとかで無理に回すと取り返しのつかない事になったりもするから、 その辺の判断は慎重にする方がいいよ。


トラスロッド以外でのネックの反りの抑制方法

ネックの反りが酷くてトラスロッドで調整できないという事は、 木で出来てる以上どんなギターでもありえる。
もし大事なギターがそんな状態になってしまったら、 直す事は難しいけど、 それ以上なるべく反らないようにしたいよね。

・ 順反りの場合
面倒かもしれないけど、順反りが酷いなら弾かない時は弦はなるべく緩めておく。
特に長い間ギターを弾かないのであれば全部の弦はタルンタルンにしておきたいね。
あと、特にこだわりが無ければ細い弦に変える。
1本当たりの効果はしれてるけど、6本とも変えたら結構違うよ。
置いておく時はもしできそうならヘッドから吊っておく。
これとは別に弦高が高いならブリッジを低くする、ナットを削って低くする。
この場合特に1フレットに当たらないように気を付けなくちゃね。

・ 逆反りの場合
極端な逆反りって多分ないんじゃないかな。
俺が見た事無いというだけかも知れないけどね。
ちなみに極端なというのは、例えば7フレット押さえると12フレットに当たるというような感じ。
もしそんな状態なら弦は張ったままの方がいいね。
あとはブリッジを高くするしかないなぁ。

トラスロッド自体が鉄だし、こういう仕組みになっているから、トラスロッドがネックの反りと同じように曲がってしまうと効果がなくなるよね。
そうなったら交換と言う手もあるにはあるんだけど、さすがに自分でするのはおすすめできないね。
大切なギターでどうしても直したいなら、やっぱりリペアショップで交換してもらう方がいいよ。
仕組みや構造、交換方法を知りたいというだけならジャンクギター買ってきて分解するといいよ。



とまぁ一応書いてはみたものの、実際のところ最近のギターで致命的なほどネックが反るものって見たことないんだよね。
ただ昔は酷かった。昔の安いギターのネックってやたら反るし、 トラスロッド回しても効果なかったりするんだよね。
それと比べると今のギターは全然調整しなくてもいいくらい反らないよね。

そういうこともあって、順反りも逆反りも極端に酷くなければそのままでもいいと思うよ。
それこそ数年に1回チェックするくらいでも十分だと思うね。

反りの調整が終わったら一応オクターブチューニングは確認しておく方がいいよ。







機材を揃えよう!

初心者が知っておくと良い事
初めて買うギターの選び方
アンプの選び方
その他に必要な物
エフェクター
エフェクターのつなぎ方

初めて練習する前に

強い指先を作る 重要!
ギターの名称
ギターの正しい持ち方
ピックの正しい持ち方と弾き方
チューニングの方法とコツ
スコア(楽譜)の読み方
アンプのツマミの意味と調整
フレットの音一覧表とスケール
簡単に覚えるコード表
中高年の人が知っておくと良い事
腱鞘炎にならない方法と弾き方
独学での学び方

練習方法

初めての練習
コードを押さえるコツ
親指を使ったコードの押さえ方
コードストロークのコツ
空ピッキングをマスターしよう
左手のトレーニングと練習
右手の練習方法とコツ
右手と左手が合わない場合
ミュートについて(他の弦の音を出さない)
繰り返し練習のコツ
リズムが凝った曲の練習
3連符のリズム
3連符と4連符のピッキング、得意不得意
暇つぶし的練習方法
スケール練習
初心者・上級者共通上達方法
休む事も大切
テンポを体に入れる
難しいフレーズを弾くコツ
練習は歪みとクリーン両方で
MusicStudioProducerでMIDIの打ち込みとドラムに合わせた練習
フリーソフトで再生速度を変える
音感を養う方法とダメなこと

スパテクを身に付ける!

速さについて
速弾きの基本練習方法
速弾きのコツや秘訣と解説
スケールでアドリブしよう

奏法

パワーコード
ハンマリングオン
プリングオフ
トリル
チョーキング
チョーキングダウン
ビブラート
ミュート(カッティング)
ブリッジミュート
ライトハンド
ナチュラルハーモニクス
ピッキングハーモニクス
スライド
グリッサンド
オクターブ奏法
オルタネイトピッキング
刻みを極める

メンテナンス

メンテナンスと修理に使う工具
ギターの調整
弦の張り方とコツ
オクターブチューニング
ピックアップセレクター(トグルスイッチ)
プラグジャック
フィンガーボード(指板)
ブリッジ
エレキギターの改造
ピックアップの交換方法
ピックアップカバーの交換
ギターアンプの改造
ギターの保管方法
ペグの交換方法
ロック式ペグの巻き方と構造
ネックの順反り(逆反り)の調整
ジャンクギターを手に入れよう

バンド

仲間を見つけよう!
ライブをしよう!
ライブ当日の流れ
コーラスでバンドの質を上げる
ボーカルを育てよう!
作曲しよう!
フリーソフトで始めるDTM・DAW
デモ音源の製作と応募
音質を良くする
楽曲を配信しよう!
音楽関係の仕事
メトロノームの種類と使い方

知識

キーとダイアトニックコードとコード進行
簡単な耳コピーのやり方とコツ
エレキギターの仕組みとメカニズム
ピックアップセレクターの基礎知識

自作

TDA2822ミニギターアンプ
LM386Nミニギターアンプ
ハーフラックサイズアンプヘッド
NE5532の音出しテスト
オーバードライブ・ディストーション
降圧回路と回路図
自作ギターアンプの箱の製作
ピックアップの仕組みと作り方
自作でオリジナルピックを作ろう